私たちについて

安全衛生

安全へのまなざし

Safety is not a Priority, Safety is a Value.

安全には不変の価値があり、常に尊重すべきである。

米国本社での研修で最初に学ぶ安全哲学です。

安全を「優先順位付けすべき事柄」であると考えた場合、他のことを優先してしまい、ないがしろにされることが起こり得ます。しかし、安全にはずっと変わらない価値があります。

私たちは、安全を不変の価値とし、常に尊重します。

労働安全衛生方針

当社は、「安全で働きやすい健康的な職場が人間尊重の基本であり、生産性の向上と社会貢献に欠かせないものである。」と考え、以下の方針を定め運用すると共に、積極的な労働安全衛生の向上に努める。

  1. 当社の事業活動に関係する全ての業務は、労働安全衛生方針に則り行われること
  2. 安全衛生委員会を設置し、会社及び組合双方より委員を選出し、法規則の遵守は基より、安全衛生活動の評価と見直しを図る

  3. KYTを基本とした危険予知訓練を実施し、安全意識の高揚を図り、災害ゼロを目指す

  4. 5Sを基本とした快適な職場環境の実現を図る

  5. 定期健康診断の励行による健康の維持・増進を図る

GSSF(Global Star Safety Framework)

ボルグワーナーでは、安全衛生活動の基礎に私たちの独自の安全衛生マネジメントシステムであるGSSF(Global Star Safety Framework)を採用しています。

GSSFは、異なった文化を持つ他国・他拠点での安全活動を同一の指標で評価し、継続的

継続的改善を促します。GSSFは化学薬品管理、人間工学、健康管理といった20の分野の管理目標値を5段階に分けて設定し定量的に点数化し評価するシステムです。

全世界のボルグワーナーグループの平均値83点に対し、弊社の2017年度末のスコアは90点と、グループの中でも高い安全水準を保っています。

[H3]Global Safety Team

ボルグワーナーにとって安全はかけがえのない価値です。

毎年、1~2回の頻度で各拠点の安全担当が集まり、安全に関する問題・ベストプラクティスを共有し合うGlobal Meetingが開催されます。

世界に安全文化を発信し、また他国から良い活動を学び、互いに切磋琢磨しながら安全衛生の継続的改善に私たちは取り組んでいます。

[MISSING IMAGE]Morse safety 2018

Safety Milestone

ボルグワーナーは、安全に関し無災害労働時間100万時間の目標を設定しています。弊社は、2017年8月、2018年3月に2年連続で100万時間達成を達成し、CEO  Safety Award授賞式を開催しました。

賞金として、米国本社より2万USDの賞金が贈られ、私たちはそれを地域へのAEDの設置、地域の子供たちのスポーツ振興に役立ててもらうため、寄付を行いました。

[MISSING IMAGE]2018 Safety Award

[MISSING IMAGE]2017 CEO Safety Award

 

Overlay Title

close