私たちについて

article_main_img

社員の声

社員インタビュー

【技術部門 Fさん】
藤沢さん

1.仕事の様子について教えてください
私の仕事は会社の主力製品であるVVT(VCT)とタイミングシステムの技術的な客先担当窓口です。社内の技術部門や営業部門と密にコミュニケーションを取りながら働いています。 朝は9時頃に出社し、1時間程度メールをチェックし、プロジェクトを進めるため社内調整を行います。業務をどういう戦略で進めるか上司や先輩社員と相談して行います。 プロジェクトが立て込んで忙しい時期は帰宅が遅くなる時もありますが、やりがいを感じています。出張は週1回程度で、担当客先へ訪問します。客先へのプレゼンテ―ションをいかに分かりやすく作り、製品の魅力をアピールするか試行錯誤の日々です。

2.入社前に不安に思っていたこと
設計職で入社しましたが、大学での専攻分野と全く異なる分野でした。しかし周りのサポートを得られたので助かりました。課題図書等を与えてもらうこともあり、聞きたいことを聞ける環境です。英語でのコミュニケーションも不安がありましたが、上司のサポートを得ながら仕事で使う機会を与えてもらっています。グローバルのチームの人も自分の意見に耳を傾けてくれますし、意見を言えるようになりました。

3.入社時の研修内容はどのようなものでしたか?
2週間の座学研修と2か月間の製造実習を経験しました。現場で工程を見ることができてよかったです。研修中に現場の人に生の声を聞くことができ、現在、設計時の改善に役立っています。

4.職場の雰囲気はどうですか?
上司や先輩社員に相談しやすい雰囲気です。日本の上司もそうですし、グローバルエンジニアチームの人も色々教えてくれます。海外の進行中のプロジェクト情報を共有してもらえることもあります。

5.今後会社でどのように活躍していきたいですか?10年後の自分のイメージはありますか?
最前線で働き続けていきたいです。お客様とのやりとりを通じて自分を成長させていきたいです。もともと自分に甘いので敢えて厳しい環境に身を置いて頑張っていきたいです。

6.業務終了後や休日の過ごし方はいかがでしょうか。
会社の人と卓球や、ゴルフの打ちっぱなしに出かけます。 休日は社会人チームで野球をしています。社内の若手と飲み会を開くこともあります。


【生産技術部門 Iさん】
岩瀬さん

1.仕事の様子について教えてください
エンジンタイミングチェーンを生産する組立機の導入を行うことが生産技術の業務になり、私の仕事は従来の組立機に無い、新しい部品供給機構(サイレントチェーン組立機のスタッカーレス)の担当をしております。初めてのノウハウを私も会社としても蓄積していることにやりがいがあります。

生産技術の業務は、最終納期が明確に設定されている為、間に合うよう上司と相談し、主に1か月、1週間単位で行うことを決めて進めるようにしています。

2.入社前に不安に思っていたこと
就職活動中に他社のインターンシップを受けた際、工場での技術職は1人で黙々とやりきる仕事のイメージがありました。しかし当社の工場見学を受けて先輩後輩社員が相談・議論している様子や、上司が部下の進捗を気にかけている様子が印象的でした。入社してからは上司・先輩社員に相談しやすいので、就職前の当社のイメージとギャップが無く働けています。

3.入社時の研修内容はどのようなものでしたか?
社内の全部門の業務紹介に加え、職場見学を各グループで1日ずつ行いました。生産技術部に配属が決まってから製造部での実習が1か月ありました。生産技術は製造と関わる機会が多いので、実習をきっかけに良いコミュニケーションを取ることができています。

4.職場の雰囲気はどうですか?
上司と先輩社員は、私が進まなくて困ったときに、過去のトラブルや実績などを教えてくださる上、一緒に検討の相談に乗ってくれます。細かなことでも聞きやすい人がたくさんいる印象です。

5.今後会社でどのように活躍していきたいですか? 10年後の自分のイメージはありますか?
各先輩社員・上司がエンジニアリングに自信を持っており、設計や検討に根拠を持つように言われています。自分はそのようになりたいですし、きちんと結果を残していけるようになりたいです。

6.業務終了後や休日の過ごし方はいかがでしょうか。
休日は比較的多めな会社だと思います、会社のバイク・車好きの人とイベントに行ったりツーリングに出かけたりしています。淡路島まで出かけることもあります。今年は宮城県まで出かけました。

close